キューティクル,復活,方法

なかなか知らない!キューティクルを復活させる驚きの方法とは?

なかなか知らない!キューティクルを復活させる驚きの方法とは?

 

 

シャンプーやコンディショナーを買う時、よく説明に上がる「キューティクル」。

 

キューティクルって何?
「キューティクルのダメージを防ぐケアを」とよく聞くけれど…

 

  • 髪の質に影響するもの?
  • 剥がれるといけないの?
  • 剥がれるとどうなるの?
  • キューティクルを保護する具体的な方法は?

 

キューティクルの知識を知ると、美しい髪を作る仕組みが見えてきました。

 

健康なキューティクルを守ることで、頭皮自体の保護にもつながります。
ツヤのある指通りの良い髪を作るキューティクルと、その保護する方法をお話しします。

 

 

 

キューティクルはケアするだけで修復はできないの?復活させる方法は?

なかなか知らない!キューティクルを復活させる驚きの方法とは?

 

 

キューティクルはとてもデリケートで、1日に相当量が剥がれていると言われています。
だからキューティクルが剥がれないために、事前のダメージ予防が必要です。

 

では一度剥がれたキューティクル、その復活は可能なのでしょうか?
何層にも重なっているものなので、剥がれても残存するキューティクルが内部をカバーします。
しかし、残念ながら剥がれた部分自体は復活しません。

 

 

でも、心配することはありません。
1度剥がれたキューティクルが蘇らないと聞いてもがっかりする必要はありません。
髪が伸びてくれば、新しい髪に新しいキューティクルが備わっています。
また、キューティクルは毛先が1番剥がれやすいので、毛先や枝毛のカットでダメージ部分を取り除くことは可能です。

 

さらに、保護する方法や予防は沢山あります。
キューティクルが剥がれた髪は、乾燥に弱く、紫外線や摩擦に耐えられなくなります。
絡みやすくなったり、潤いや「天使の輪」と呼ばれる髪の光沢が薄れたら要注意です。

 

 

そこで、脱脂力や洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。
そしてダメージケア成分を含んだトリートメントでキューティクルを保護するように努めましょう。
強いブラッシングや長時間のドライヤーやアイロンをやめ、外出の際には日よけや帽子着用もキューティクル予防には効果的です。

 

 

 

知って納得!そもそもキューティクルの役割とは?

なかなか知らない!キューティクルを復活させる驚きの方法とは?

 

 

そもそもキューティクルは、髪の1番外側にある鱗のようなタンパク質の膜です。
その透明の膜は、何層にも重なり髪をカバーしています。
薄い透明層のキューティクルは、髪内部の水分やタンパク質をキープをする役割があります。

 

また、外からのダメージ要因から髪内部を守るバリア効果があります。
ですから、大切なキューティクルが失われると、髪がゴワゴワしたり、切れ毛、枝毛が増えます。
絡まりやすく、色も茶色っぽくなることからツヤ感が薄れて指通りも悪く、サラサラした状態維持が難しくなります。

 

 

剥がれる理由は主に紫外線、摩擦、乾燥など、外的な刺激が挙げられます。
キューティクルは、熱を加えると層が開き剥がれやすくなります。
よって、キューティクルをダメージに誘うシャンプーケアやドライヤー使用、外出の仕方が注目されるのです。

 

髪は頭皮や毛穴を保護する役割があります。
頭皮の温度調整をする頭髪が痛んでは、そもそもの役を果たせません。
キューティクルは髪の外側からバリアとなって保護をする第1の盾、と言えるのです。
そのためにも、怠惰な扱いは是非とも避けて、丁寧かつ正しいヘアケアの知識を身につけましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

キューティクルの役割とそのキープ法をお伝えしました。
キューティクルをキープするために日頃の丁寧なヘアケアや予防を心がけて剥がれる量を抑えることをお勧めします。

 

健康な髪はまさにキューティクルが揃い、光沢があってブラッシングの滑りが良い状態です。
ダメージから髪を保護することで、コマーシャルで見られるような艶やかな髪を手に入れることができます。
さあ、健康な美髪を目指してキューティクルケアを始めましょう!

 

 

ヘアケアに欠かせない成分はしっかりと!さらにアンククロスがお勧めな全ての理由を徹底公開!