一日中,香る,シャンプー

一日中ずっと爽やかに香るシャンプー?使い方を間違えると不快な香りに!?

一日中ずっと爽やかに香るシャンプー?使い方を間違えると不快な香りに!?

 

シャンプー選ぶ基準は個々に違うものですよね?
洗いがりや、成分で選ぶ方もいますが、
やはり女性が香りでシャンプーを選ぶ方も多いようです。

 

ちょっと奮発して香りが強いシャンプーを購入したけれど、
周囲に不評だったりすること、たまにありますよね。

 

シャンプーは香りが強ければ良いというワケではありません。
シャンプーの香りで皆に好かれる香りとは?
今回は、シャンプーの香りについて紹介します。

シャンプーの香りは人それぞれ!好かれやすい香りとは

香りは、個々に好みがあります。
コロンや香水も自分は「ステキな香り」と感じても、
他人にしてみたら「キツイ」と感じることもあるのです。

 

例えば、シャネルやディオールも高級感ありラグジュアリーな香りと感じる方もいれば、
「強すぎて無理」と感じる方もいます。
シャンプーを選ぶときに、
頭皮に優しい成分を選ぶと同時に「香り」を重要視する方も多いですね。

 

香りは個々にタイプがありますが、一般的に好かれる香りと言えば何でしょう?
やはり男女共に「柑橘系」の香りが1番人気ですね。
柑橘系は「グレープフルーツ」「オレンジ」「シトラス」などです。
実際にグレープフルーツやオレンジを食べて、「臭い」と思う方はいませんよね。
柑橘系の香りは親しみがある香りですから、
すれ違ったときに香っても不快な気持ちにさせにくいのです。

 

次に人気があるのは、「シャボン系」や「フローラル系」です。
男性は自然な香りが好きです。
清潔感あるナチュラルな「シャボン・石鹸」の香りは爽やかな印象を与えます。
フローラルは女性に人気の少しスィートな香りで、心地良さを感じさせてくれます。

 

タイプが分かれるのは、「ローズ」や「バニラ」など強い香りです。
ローズは高級感がありますが、シャンプーの香りとなると個性が強めです。
バニラやココナッツはインパクトを与える甘い香りで、
お相撲さんの鬢付けを思い出してしまう方も多いかも。
接客業等の職業についている方は、個性の強い甘い香りは気をつけた方が良いですね。

強すぎ厳禁!シャンプーの香りの注意点!

一日中ずっと爽やかに香るシャンプー?使い方を間違えると不快な香りに!?

 

シャンプーの種類を御存知ですか?
シャンプーは1種類だけに香りをプラスするだけではないのです。

 

シャンプーには、それぞれ特徴があります。
「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石鹸系」です。
この3種類の中で1番洗浄力があるのは、アルコール系です。
ですが、頭皮に刺激を与えるリスクも高まります。
地肌の優しさを望んでいるのであれば、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
自然派の石鹸系シャンプーが私の頭皮には1番、合っているという根強いファンもいます。

 

シャンプーは個々に香り同様に頭皮に合う、合わないがあります。
それでは、シャンプーの香りを選ぶときの注意点は、あるのでしょうか?
シャンプーの香り成分に過剰に心配する必要はなさそうです。
日本では厳しい検査機関のうえ、
安全な成分が使用されている認可されている物だけが販売されているからです。

 

香りは自然植物の香り、無香料タイプ、香水系とあります。
香水系は香りが残り、
すれ違ったときにもインパクトを与える、人気のシャンプーですが、
香りが強いと言うことは、成分も強めです。

 

汗をかきやすい方や、スポーツをしている方にとっては、
頭皮の香りと入り混じり、きつめの香りになってしまう可能性もあります。
スポーツなど頭皮から汗をかきやすいライフスタイルの方は、自然植物や無香料タイプが頭皮に刺激を与えることなく、汗をかいても不快な香りになりません。

 

デートの日など、香りを重視したいときに香水系のシャンプーを選ぶと良いでしょう。
シャンプーの香りは、ライフスタイルに合わせて選びたいものですね。

まとめ

一日中ずっと爽やかに香るシャンプー?使い方を間違えると不快な香りに!?

 

どうせシャンプーを選ぶなら、
香りが一日中続く強いものを選びたいと思ってしまう気持ちも分からなくもないです。

 

でも一日中、香りが続くということは、それだけ香料の成分も強いということです。
頭皮にとって良いことか?と言われたら、良いとは言えないのかもしれません。

 

シャンプーの香り選びも重要なことですが、
香りの成分やライフスタイル、頭皮にも労わるタイプを選びたいですね。

 

⇒爽やかな香り♪人気のお勧めシャンプー☆